予約不要

※ご来場の際、入場料もしくはチャージ料(バータイム)を頂戴しております。

イベント

今日も営業中!
19時からは #向島版金曜ロードショー です🔥
是非是非お越しください!

The museum opens at 11:00. From 19:00, the Mukojima version of Friday Road Show begins.
Anyone over 18 years old can enter without a reservation. Please come along!

#museumofroadsideart #daidougeijutsukan #mora_tokyo #roadsidemuseum #roadsidemuseum_tokyo #museum #東京都墨田区向島5丁目
ちょうど梅雨が始まった東京。
曇り空、雨模様にぴったりなイベントが月末に開催されます。その名も「助平ナイト」サンセットと言ってもいいようなそんな時間に始まる艶と粋の世界。

子供じみた遊びはもう懲り懲りよ。ちょっとオトナな遊びに手を出してみたい。そんなあなたにぴったりな日曜日の午後があります。
それが「助平ナイト」
大人って何よ!助平って何?子供っぽいって何ーーー?と思ったあなた。

なんでもいいんです。そして別になんでもないんです。
頭を空っぽにして、目の前で起こってることを笑ったり、参加したりしていただけたら、、、。
そしてセクシーで美しいものを見たかったら、ぜひお越しください。
お三味で小唄でばーれすく。
場所は新宿でも渋谷でも恵比寿でも六本木でも浅草でもない。
そう。向島。墨田区向島で遊ぶ。粋ってもんを感じることができる墨田区で、あなたも「あー、本当にこんな世界あったのねぇ」って酔いしれてみてください。
時間は早めの16時開始。遊んで楽しんで、店を出たって「あら!まだこんな時間!」
日曜日を有効に楽しんでください。

6月30日(日)
時間:16:00~
料金:7000yen1ドリンク付
場所:大道芸術館 @daidougeijutsukan
三味線・小唄
@kisaragimamikouta
ばーれすく MaicoTsubaki
如月まみ(三味線・小唄) x Maico Tsubaki(ば一れすく)主
催「助平ないと」
三味線と助平な小唄に合わせて踊るこの夜限りのばーれす
←。
如月まみがコレクションする春画のお猪口を愛つつ酒を呑み、お客様参加型の昔懐かしい野球拳を交えて、嬉しい日曜日の夕方から開催されます。
女性も男性も、どうぞ奮って「大人の呑み会」に遊びにいらしてくださいませ!

ご予約は如月まみ、もしくは MaicoTsubakiまで!

大道芸術館でも受け付けています。
(メールアドレスは daidougeijutsukan@gmail.com)

レア過ぎるイベントをどうぞお楽しみに
#maicotsubaki #burlesquedancer #event #burlesque #
三味線#小唄#大道芸術館 #野球拳 #大人の飲み会

#museumofroadsideart #daidougeijutsukan #mora_tokyo #roadsidemuseum #roadsidemuseum_tokyo #museum #東京都墨田区向島5丁目
今日6/20(木)も11:00に開館!
お待ちしております。

We'll be open today, June 20th (Thursday) from 11am! We look forward to seeing you!

#museumofroadsideart #daidougeijutsukan #mora_tokyo #roadsidemuseum #都築響一 #kyoichitsuzuki #都築響一コレクション #roadsidemuseum_tokyo #museum #東京都墨田区向島5丁目
きょうも11:00に開館予定です!
お待ちしております!

We will open at 11am today! We look forward to seeing you!

#museumofroadsideart #daidougeijutsukan #mora_tokyo #roadsidemuseum #roadsidemuseum_tokyo #museum #東京都墨田区向島5丁目
オープンしてますが、メチャクチャ雨ですねぇ。
梅雨なんで暑いのかと思って浴衣できたら寒いですねぇ。
おばさん、風邪ひきそう。。。
待ってます〜♪
(作品名不詳)よしこ

Yoshiko Title unknown

#よしこ #Yoshiko #大道芸術館 #museumofroadsideart #mora_tokyo #daidougeijutsukan #東京都墨田区向島5丁目
《Cucumber》伊賀美和子 2006年

Iga Miwako Cucumber 2006

#伊賀美和子 #IgaMiwako #大道芸術館 #museumofroadsideart #mora_tokyo #daidougeijutsukan #東京都墨田区向島5丁目
《思い出》香西文夫

Kasai Fumio Memoir

#香西文夫 #KasaiFumio #大道芸術館 #musumofroadsideart #mora_tokyo #daidougeijutsukan #東京都墨田区向島5丁目
(作品名不詳)元心
ハンダゴテのような電熱ペンを使って、板を焦がすことで絵柄を描いていくウッドバーニングというクラフトがある。古くから世界中で親しまれてきた技法だが、その電熱ペンを使って木片ではなく皮革に絵を描く「焼き絵作家」が、元心(げんしん)である。ヌメ革独特の肌に描かれるのは浮世絵の美人や役者絵、相撲取りといった伝統的図柄から、虎、犬、猫、昆虫など、身の回りの生き物たちまでさまざま。中には春画を題材にしたものもある。
塩澤佳明は1958年6月22日、葛飾区の高砂に生まれた――
(中略)
「親分」でも「組長」でもなく、「焼き絵師・元心」となって、最初の個展のころはまだ現役だったけれど、いまは堅気の立場。周囲に迷惑をかけないように、名前もそう変えたのだという。ちなみに作品に押されている「元心」の落款は、付き合いの長い警視庁の刑事さんが作ってくれたものだとか。
まったく独学で焼絵の世界に入ったのが2013~14年のことなので、もうすぐ20年目。当然ながら日本の美術メディアは完全無視だが、2016年ごろからヨーロッパのサロン展で幾度も入選しているキャリアの持主でもある。
 元心さんは大病を重ね、入院と大手術を幾度も繰り返し、いまも透析に通いながら、日々革に向かっている。

Genshin title unknown
Genshin is a yaki-e, or pyrographic artist, who draws pictures through the process of burning. His tool isa soldering iron, and his canvas is leather, rather than the more commonly used wood. He chooses a minimally processed hide known as nume for its unique texture. His mostly traditional designs include ukiyo-e beauties, actors, sumo wrestlers, tigers, cats, dogs, insects and other creatures. Some of his images are based on erotic shunga.
Born Shiozawa Yoshiaki on 22 June 1958 in Takasago, Katsushika City, Genshin developed late as an artist after running away from home at the age of 15.
Although still active as a gangster at the time of his first exhibition, Genshin insists he’s no yakuza lieutenant or godfather, but merely a pyrographic artist. The seal with which he stamps his works was designed by a detective from the Metropolitan Police Department, with whom he had a long association. Now almost 10 years into his new self-taught vocation, he pays no heed to the Japanese art media, but since around 2016 has been approached several times to stage salon shows in Europe. Grappling with serious illnesses, he has often been hospitalised and endured major surgery. He continues to undergo dialysis while working daily on his leather.

#元心 #Genshin #大道芸術館 #museumofroadsideart #mora_tokyo #daidougeijutsukan #東京都墨田区向島5丁目
(作者不詳)少年のトルソ

Artist unknown Boy’s Torso

#大道芸術館 #museumofroadsideart #mora_tokyo #daidougeijutsukan #東京都墨田区向島5丁目
佐川一政

Sagawa Kazumasa

#佐川一政 #SagawaKazumasa #大道芸術館#museumofroadsideart #mora_tokyo #daidougeijutsukan #東京都墨田区向島5丁目
勝木てるお
「週刊漫画TIMES」「漫画ゴラク」「漫画パンチ」「土曜漫画」……昭和40年代の男性向け週刊漫画誌で勝木てるおの作品は数多く見つかるが、そのプロフィールはまだきちんと探せていない。「鉛筆で読む本 本と遊ぼう! 目で考えるクイズと立体パズル・ゲーム」という勝木てるお著の、新書版の娯楽本があり(昭和42年、日本文芸社刊)、その見返しにこんなプロフィールが載っていた――
 昭和6年、東京生まれ。愛称「テーちゃん」。機敏なユーモア、非論理的なオシャベリが得意。生活そのものがマンガで彼のまわりに笑いが絶えることがない。自他ともに認める「おかしな人物」である。
 酒を愛し、なかでも、美人のいる店なら千里の道も遠しとせず、仕事をおっぽらかして遊び歩く、そんな遊びの中から生まれたのがこの本である。

Katsuki Teruo original manga magazine cover illustrations

Many of Katsuki’s illustrations appeared on the covers of 1960s magazines, Weekly Manga Times, Manga Goraku, Manga Punch and Saturday Manga, but little is known about his life. A profile on the back cover of a 1967 book he authored called Pencil Books: Let’s Play with Books! Quiz and 3D Puzzle Games for the Eyes (Nihon Bungeisha), describes him as follows:Born in Tokyo in 1931. Nicknamed ‘Tee-chan.’ He excels at quick jokes and illogical witticisms. His life itself is a comic strip and he is never without laughter. He is a self-professed ‘funny man,’ who loves drinking and will drop his work for any bar with beautiful women, no matter how far, and that’s how this book was born.

#勝木てるお #KatsukiTeruo #大道芸術館 #museumofroadsideart #mora_tokyo #東京都墨田区向島5丁目
KAZU(題名、制作年不詳)

title and date unknown

#kazu #大道芸術館 #museumofroadsideart #mora_tokyo #daidougeijutsukan #東京都墨田区向島5丁目
《モォ~やめて》山形牧子
1954年生まれの主婦。横浜出身で、結婚して岩手にやってきた。
 「それでいまから15年ほど前ですかね、石巻のカルチャー教室で、絵を習い始めたんです。きっかけというほどのものでもないけど、『毎日、なんのために生きてるんだろう』って疑問を感じて(笑)。そこの先生が『絵にはうまくていい絵、うまくて駄目な絵、下手でいい絵、下手で駄目な絵とある』と教えてくれて、『だからあなたは下手でいい絵を目指せ』って」。最初のころは壺とか描いてたんですけど(笑)、すぐに人物になりました。デッサンとかやったことなかったけれど、人間を描きたかったんです。」
 「牛は……もともと好きではあったんですが、人物と組み合わせるようになったのは7、8年前から。あれ、牛は男のかわりなのね。女と男のからみをそのまま描いちゃうと、露骨すぎるんじゃないかと思って。擬人化の反対というか……だからテーマは『愛』なんです!」
「展覧会では入選してるし、おもしろがってくれるひともいるけど、会場で観て、真っ赤な顔して怒るひともいたし。こんな田舎でしょ、近所のひとも覗きに来てギョッとしたり。あと、夫と娘は『頼むからやめてくれ』って、すごく嫌がってます(笑)。」まだいちども個展を開いていないし、作品を売った経験もないという山形さん。でも何年間もの制作でずいぶん作品も溜まっているだろうと思ったら、「ここに並べたのと、あとはちょっとだけ。ぜんぶで20~30枚しかないかな」と言われてびっくり。なんと、描きあがった作品もどんどん潰して、その上からどんどん新作を描いてしまうのだという!もう20年以上住んでいるけれど、いまだに田舎特有の閉鎖的な空気になじめないでいるという山形さんは、「だからこそ絵に集中できるのかもしれないですね」と教えてくれた。

Yamagata Makiko moo~stop
Born in 1954 in Yokohama, Yamagata Makiko is a housewife who paints in her rural studio about an hour and a half north of Sendai City, Miyagi prefecture. She moved here after getting married. Her village of Tsuyama, population 3,000, is situated on the banks of the Kitakami River on the outskirts of the historic town of Tome, also known as the ‘Meiji-Village of Miyagi.’I started painting about 15 years ago at a culture class in Ishinomaki. I had started to wonder what was my purpose in existing every day (laughs). My teacher told me there are good good pictures; good bad pictures; bad good pictures; and bad bad pictures; and that I should aim for bad good pictures.In the beginning, I painted things like vases, but I shifted to portraits. I had never sketched, but I wanted to draw people. However I have always liked cows, and seven or eight years ago I started combining cows with people. It occurred to me I was using cows as substitutes for men. Perhaps I thought that if I depicted actual relationships between women and men, it would be too explicit. So by bringing cows into people…it’s the opposite of anthropomorphism, isn’t it? Anyway, I guess my theme is ‘love!’
#YamagataMakiko #山形牧子 #大道芸術館 #museumofroadsideart #mora_tokyo #東京都墨田区向島5丁目

営業時間/入場料:
Business hours / admission fee

月、火、水、木、金:
11:00am-2:30pm
入館料2,000円(喫茶「茶と酒わかめ」クローズ。ご飲食提供なし)
3:00pm-8:00pm
入館料3,000円(喫茶「茶と酒わかめ」オープン。ドリンク1,000円OFFチケット付き)
8:00pm-11:00pm
入館料無し(チャージ代として1,500円頂戴しております)

土、日
オープン 1:00pm-クローズ 7:00pm

入館料3,000円(ドリンク1,000円OFFチケット付き)

Monday, Tuesday, Wednesday, Thursday, Friday
11:00am-2:30pm

Admission fee: 2,000 yen
(2nd floor bar “Cha to Sake Wakame” will be closed. No food or drink will be served.)
3:00pm-8:00pm
Admission fee: 3,000 yen (2nd floor bar “Cha to Sake Wakame” opens. Includes a ticket for 1,000 yen off drinks)
8:00pm-11:00pm
No admission fee (1,500 yen will be charged for seats.)

Saturday, Sunday
open 1:00pm-close 7:00pm

Admission fee: 3,000 yen (2nd floor bar “Cha to Sake Wakame” opens. Includes a ticket for 1,000 yen off drinks)

SNS

バイトスタッフ募集中。メールにてご連絡ください。
MAIL:daidougeijutsukan@gmail.com

大道芸術館 museum of roadside art
〒131-0033 東京都墨田区向島5丁目28-4

※当館は18歳未満の方のご入館をお断りしております。また本コンテンツには18歳未満の方には不適切な内容が含まれます。
 18歳未満の方の閲覧に関しましてはご遠慮いただけますようお願い致します